DREAMプライベートリート投資法人

ESGへの取り組み

本投資法人ESG目標及び取組み体制

本投資法人は、資産運用を委託するダイヤモンド・リアルティ・マネジメント株式会社と共に、環境や社会全体の「サステナビリティ(持続可能性)」を確保するための取り組みを推進しています。
本投資法人では、サステナビリティのビジョンを実現すべく、以下のサステナビリティ目標を設定しています。

本投資法人のESG目標

  1. 省エネルギーとCO2排出削減の推進
    エネルギー使用量についてモニタリングを実施し、ポートフォリオ全体及び個別物件において省エネ法に則り、中長期的に年平均1%のエネルギー消費原単位の低減に努めます。
    水資源の有効活用や節水型機器の導入等により節水の推進に努めます。
    詳細については環境への取組みをご覧ください。
  2. 環境認証・省エネ格付等の取得
    年に1件以上のグリーンビルディング認証等の環境認証・省エネ格付け等を継続的に取得します。
    詳細については外部評価・認証の取得をご覧ください。
  3. 社外のステークホルダーとの協働と情報開示
    テナント企業や施設利用者等の顧客、プロパティ・マネジメント会社等の取引先、地域コミュニティなどのステークホルダーとの協働に努めます。
    投資家を始めとする様々なステークホルダーに対し、ESGに関する情報の開示に努めます。
    非常時の対応や平常時の備えを強化し、防災・災害対策等のBCP(事業継続計画)に関する取り組みに努めます。
    詳細については社会・ステークホルダーとの協働と情報開示をご覧ください。

資産運用会社におけるESG取組み

  1. ESG取組み体制
    資産運用会社では、ESG取組を組織的に推進するため、代表取締役社長を議長とし、社外有識者の方も委員に加えた「ESG委員会」を設置しています。ESG委員会は四半期に1回以上を目安として開催され、サステナビリティ全般の基本方針を定め、進捗管理・結果分析、評価と改善策検討・立案等を行い、継続的且つ効果的な取組みを推進しています。
  2. 基本方針
    資産運用会社では、企業理念を頂点に企業行動ポリシー、役職員行動規範、環境憲章、社会憲章を定め、各要素を個別の社内規程に盛り込むことにより、具体的な経済活動において環境(E:Environment)、社会(S:Social)及び企業統治(G:Governance)へ配慮し、結果として長期的な投資成果を向上させることを目指しています。
    また2017年に国連が定める責任投資原則(PRI:The Principles for Responsible Investment)に署名し、継続的な上記取組みを社会に対してコミットしています。

資産運用会社のESG取組みの詳細についてはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ